近藤理佐子

2016年9月入部

Q、自己紹介をお願いします!

SPGバスケクラブチームの近藤理佐子です!

2016年9月からSPGに所属してます。

バスケ歴は6年です。

SPG愛強めで、バスケするために1週間頑張ってます!笑

Q、SPGを知ったきっかけは?

部活をやっていなかったのですが、またバスケがしたくなったのでクラブチームを探している時、ホームページを見て知りました。

男女関係なく全員が平等にシュートが打てる、全員が楽しめるというところに惹かれ体験することを決めました!

Q、SPGに体験した時の印象は?

男女混合という環境でバスケをしたことがなかったのでとても新鮮でしたが、雰囲気もよくて楽しかったのを覚えてます。

大事なところでシュートを外してしまっても励ましてくれる方がいるので活動が最後まで和やかでした。

人見知りなので体験するのも不安だったのですが、たくさん話しかけてくれる方がいたので馴染みやすかったです

Q、SPGに入部した理由は?

「全員が楽しめる」というところが私が求めていたものだったからです。皆が楽しんでいるからこそチームの雰囲気が穏やかで、初めて参加したときもやりやすかったです。体験をしてからすぐに、「入部したい!」と思いました。

SPGでは参加について重視しており、参加率も安定してるのでゲームができないという状況がないところも魅力でした。

Q、SPGの好きなところは?

同世代が多いというところです。毎回の活動が楽しいし、年が近いので話がしやすいです。いろいろな人がいるので刺激を受けています。

年間行事がいくつかあり、普段の活動では関わりがない人とも仲良くなれたり、バスケ以外のことをチームで楽しめるところも好きです!

Q、SPGにはどういう部員が多いですか?

個性的な部員が多いと思います。でも協調性のある人が多く、お互いがお互いに尊重し合えているのでとても雰囲気がいいです。

少人数制なので深い繋がりができるので、仲良くなると活動以外にも遊びに行ったりします!

Q、SPGで一番思い出深いエピソードは何ですか?

入部したての時にSPGの対外試合があったのですが、その試合の時は現地集合であったことや最初の試合ということもあり、1人で不安だらけだったのですが、試合当日に2人の部員が、「今日は最初の試合だし、不安だよね!ぜひ駅で集合して会場まで一緒に行こう!」と、私に気遣って一緒に会場まで行ってくれたりしたので緊張が解れました。このエピソード以外にも、SPGは男女や年齢関係なく仲が良い部員が多いので、活動後に大学生にご飯に連れて行ってもらったりもします!