SPGバスケクラブチームは、2012年4月に設立をした20代主体のバスケチームです!

チーム名

SPGバスケクラブチーム

設立

2012年4月

​チーム運営

代表 鶴田大喜

副代表 吉崎裕貴

活動拠点

東京都板橋区・練馬区

活動日

日曜日・(水曜日)

19:00〜21:00

メンバー構成

男女混合中初級チーム

(定員:男子15名・女子10名)

​SPGの特徴

​仲が良い

SPGは、2012年に設立したチームです。早いもので7年目を迎えましたが、今では20代主体のチームとして活動をしています!

​メンバーには10代も在籍しており、いずれにしても全員が楽しめるチームとして活動をしています!

仲がいい!

SPGの最大の魅力と言っても過言ではない、仲の良さ。

​年齢や性別関係なくフラットな関係で部員同士話しています!

また、大半のメンバーが名前かニックネームで呼ばれており、距離も近いです!

​ただのバスケチームではなく、共に同じ空間で同じ時間を楽しむ仲間として常にメンバー交流にも力を入れています。

「SPGが好き!」

チームとして、「バスケが好きだからSPGにいる!」ということではなく、「SPGが好きだからSPGにいる!」となれるようなチームを目指しており、単なるバスケをする場所ではなく、コミュニティーとしてチームを考えています!

2017年度忘年会も平日にも関わらず、部員の87%が参加をするなど、部員のチームへの愛着が表れています!

​また、活動参加率も平均で60%近くを推移しています!

全員でチームを作る

SPGには、代表1名・副代表1名を含むチームスタッフが4名部員の中から選出されますが、4人でチームの成長を考えるわけではありません!

常に部員の意見を取り入れることを大切にしており、定期的に有志が集まってミーティングをしています!

​そのような場で生まれる意見を、実際に活動やチーム運営に反映したことは多数ありますし、「全員が楽しめるチーム。全員で楽しめるチーム。」は全員で作られるものです。